丸ビル内でアメニティとして、休日には音楽ライブイベントを行っているのは知っていて、いっぺん行ってみようと思っていた。連休中は「ラ・フォル・ジュルネ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭2006 モーツァルトと仲間たち」*1と題された音楽祭が催されていた。
丸の内界隈のビル五箇所で随時ミニコンサートを行う「回遊型コンサート」という企画で、その一つ『魔笛』ハイライトというものを鑑賞した。

パパゲーノ
全幕2.5時間の長丁場*2を、三十分に圧縮して名場面のみ上演するという、素人向けの入門企画だ。吹き抜けのエントランスの音響効果が如何なるものか評する程の耳は持っていないが、間近で演ぜられるオペラの迫力は凄い。途中、主人公がステージから降りて、客席にお菓子をばら撒くなど演出もGW向けのサービスであろう、面白かった。『魔笛』のストーリーを物凄くかいつまんで言えば、享楽的主人公のロマコメなわけである。このハイライトで見る限りにおいても幼児性のむき出しなハッピーな作品であるわけだが。。。。モーツァルトといえば、ピーター・シェーファーの『アマデウス』というイメージに縛られている俺的には、廃人寸前のモーツァルトがついに劇場で指揮中にブったおれる時に指揮していたのが『魔笛』のラストシーンだったことを思い出したりして。


コンサートの後、昼飯食って、丸ビルのバルコニーから東京駅のレンガ作りの駅舎を写したり、裏通りにあたる丸の内中通りの彫刻群を撮影したりしてみた。
その後、ふとした気まぐれで、表参道ヒルズを覗いてみようと思い立った。大手町から半蔵門線で一本、帰りがけの駅だしな。
表参道駅地下には、エチカというショッピングセンターが出来ていた。青山通り方面にはマルシェ・デ・メトロという小洒落たすがきやみたいなイートインコーナーがあった。おやつでもと思ったが、すいーつはテイクアウトのみでカフェに持ち込めないので、覗くだけに終わる
表参道ヒルズ
表参道ヒルズ到着。GWということで、東京観光ツアーにも組み込まれてるのね、年寄り多し。規模的には六本木ヒルズと比べ遥かに小さくて狭いのだが、観て回る分にはこっちのほうが見やすいし面白いかも。無駄に歩かされなくて済むし、床で弁当広げるバカ一家とかあり得ないのが良いと思う。だが、施設内の飲食店は激混みで、三十分から並ぶという。お茶とケーキにもありつけんのか。。。。
一渡り覗いて、ウィークデーに来るのが一番と結論を得て、青山通りを渋谷へ向かう。中田プロデュースのスポーツカフェが出来ていた。ネットでワールドカップを観戦しようというコンセプトだそうだが、ビタ一興味がない


こどもの神
青山こどもの国で、岡本太郎氏の「こどもの神」を撮影。自作「太陽の塔」で行き着くところまで行っちゃった感があるが、多分本人は、そういう瑣末な事はビタ一気にしていなかったのではないかと思う。「無邪気」の発するパワーは当に「こどもの神」。
渋谷にて東急東横の「あこがれの60sダイニング」という祭事を覗く。60年代レトロモダンをコンセプトに、老舗の出店が立ち並ぶ。が、老舗の味わいとは「変わらない」ところが粋なのである。レトロモダンの味わいとは、今日的に言えば決して美味いとは言い難いものもあるのだ。年寄りにとっては懐かしい、若い世代にとっては、背伸びをしても届かないジェネレーションギャップこそが味わいの本質であるわけだ。
そういう意味では、単なる百貨店の祭事場での物産展の延長でしかなかった本企画は、激しく失敗なのではないかと。


但し、出展している店の選定は中々厳選されており、レトロの持つおかったるい味わいを満喫できると思う。キャンドルのチキンバスケットとハンバーガーインの特性バーガー、イチゴ味ラムネを食し、おつな寿司の稲荷と塩せんべい土産に買って帰る。

*1:長すぎ。

*2:そういえば、映画『アマデウス』でも、モーツァルトのオペラは長すぎると揶揄されてたなぁ。

親子丼

今井屋本店@丸ビル

親子丼
なんか、いろいろ紹介されている店の親子丼だっけ?うろ覚えだが。比内地鶏を使ったとあるが、確かに美味い鶏肉。いっぺん炭火で炙ってから出汁に投入しているのだろう、炭火焼き鳥特有の香ばしい香りが鼻を擽る。トロトロの半熟卵の按配は良いのだが、半熟過ぎて、出汁を吸い切れていない為、つゆだく状態になっているのだ。普通に食べる分には濃さも適当な出汁であるが、つゆだくだとちょっとくどい。
1200円も取るのなら、もうちょっと工夫をして欲しい。



チキンバスケットとハンバーガー

チキンバスケット
キャンドルのチキンバスケットは、誰かのエッセイで読んだことがある。まさか、まだ店が現存していようとは(w。タイミングよく揚げたてにありつけた。つまんで食える様にカットしたチキンカツなわけだが、なにしろ揚げたて。チキンカツと異なり、鶏の肉汁やら脂やらが全く零れること無いままに、齧り付いた口から滴り落ちて、熱い熱い。これをレモンを絞っただけで食すシンプルなもの。ソースがちょっと欲しいかも。生のオニオンスライスをときどき齧ると、口の中が嘘のようにさっぱりする。箸休めとして秀逸かも。
一緒に入っているコロッケが曲者。マッシュしたポテトの中に、小指の先大の茹でたジャガイモを混ぜこんである。マッシュしたのはメークイーン、刻んでいるのは男爵と思われる。ネットリしたマッシュポテトの中に、ホクホクのジャガイモが。。。これは、アイデア賞だ。ジャガイモ好きには堪えられない逸品のコロッケであった。


デラックスハンバーガ
ハンバーガーは、六本木のザ・ハンバーガーイン。先ごろ閉店したとのことで、復刻版のデラックスハンバーガーである。かなり厚みのあるパティを焼きながら潰して、バンズに挟み込む。おかげで貴重な肉汁は全部鉄板の上に零れ落ちているのであった。チーズ、オニオン、レタスにケチャップと芥子、マヨネーズ少々と、シンプルかつスタンダードな構成のハンバーガーであるが、かように肉汁のできったパテイはパサパサとしてさして美味いものではない。だが、食べたくても二度と食べられないところに価値があるのである。レトロな味わいという意味では、ある種代表格とも言えるかも知れない。



イチゴ味ラムネ

イチゴ味ラムネ
催事場にしつらえられた駄菓子屋で購入。「七色ラムネ」と銘うってあり他六色あるのだが、一番毒々しい色を選択。
飲んでみると。。。;:゙;`(;゚;ж;゚; ) ブフォ まずい!!
果物の苺の香りがするのだ。瑞々しいといえば聞こえは良いが、スーパーでうってる、あのブヨブヨした不気味な形の苺の、白ッ茶けたような味わいにヘタの部分の微妙な青臭さまで交えて再現してあるのだ。ジュースとしては水っぽくって駄目。いっそ、見た目のまんまに、アオハタのカキ氷シロップイチゴ味をサイダーに溶かし込んでくれたほうが遥かに美味いと思う。。。。そういえばガキの頃、キリンレモンにカキ氷シロップ溶かして、クリームソーダのクリーム抜きを作って飲んだなぁ。なんだかイヤな形で、メランコリックな気分になれたよ。



稲荷寿司とかんぴょう巻き

おつな寿司。

稲荷寿司
おかったるさが売りの名店*1を集めた中に、正しく伝統を守る名店もちらほら。凄く久しぶりにおつな寿司のお稲荷さんを発見して、矢も盾もたまらず購入したよ。油揚げをひっくり返して酢飯をくるむやり方は、小泉武夫先生には凄く不評*2のようであるが、もわもわとした質感が狐の仔みたいでカワイイと思うんだがなぁ、俺なんかは*3
んで、このかわいらしいのに齧り付くと、ふぅわりと柚子の香りが漂う。関東風のわりとしっかりした揚げの味わいとあいまって、なんとも言えない粋な味わいなのだ。美味い。
かんぴょう巻きは今回初めて食べたのだが、太いしっかりしたかんぴょうを使っていて、おいしい。見た目にも、いい海苔の黒々とした光沢が美しく、大変に宜しい。お店は渋谷にもあるはすなんだが。。。どこなんだろう?



*1:アカシヤとか松本楼とか、その意味での選定眼は正しい。

*2:ここの稲荷とは言ってはいないが、飴色がかった揚げの艶をわざわざ無くす、無粋のきわみと著書の中で憤慨されていた。

*3:ぽんぽこ狸のお饅頭おか銘菓ひよこを頭から食うメンタリティ。